うちの主人の抜け毛がスゴイ

19.10.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

うちの主人は30代前半です。
ちょっとおでこが広めで……ちょっとそのうち禿げるのではないのかなんて心配をしているのですが、何だかそんな嫌な予感も的中しそうで最近抜け毛がやたらと酷く感じてしまいます。当の本人は「秋だし仕方ないでしょ~」なんて言っていますが、コレって本当に秋だからと暢気で居ていいものなのか? なんて妻としては心配になってしまうものです。
結婚した当初、ハゲかデブ両方だけは嫌だ流石にキツイ。中年になったらどちらか片方にして……なんて言った記憶がありますが、出来る事なら両方嫌だななんて思っていたのでちょっとだけ焦燥を感じています。
確かに人間老化が進めば劣化をする事は違い無いので、仕方ないとは思えます。
いくらスラッっと身長が高くて後ろ姿だけがカッコイイ主人が禿げたとしても、愛せる自信は一応はあるのですが……ハゲは嫌だななんて思えてしまうのです。

しかしよく考えると、うちの主人夜に風呂に入らず床で寝てしまう事やパソコンをつけっぱなしにして、椅子でそのまま寝落ちて朝を迎える事がよくあるんです。
頭には整髪剤などもついている状態なんです。当然こういた汚れから来るダメージもあるんだろうな……なんて思えてしまうものですね。
実際に調べてみたところこういった整髪剤の汚れが毛穴に詰まってしまい抜け毛になってしまうなんて事もありうるそうです。
それが積み重なれば積み重なる程に、取り返しの付かない事に……なんて事例もあるそうです。
この生活習慣の悪態が抜け毛になって現れているのか? なんて易々と髪に関してそこまで詳しくも無いド素人の私でも想像も出来てしまいました。
とりあえず寝るのであれば風呂に入れ、髪を洗えとこれからはキツく言っておこうかななんて思えます。

毎日リンスをやめました

15.09.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

まさにタイトル通りですが、普通の女性から見たら「はぁ? 何言ってるの!」って、思えちゃうかも知れませんが……私どうやら頭皮がベタつきやすいみたいで美容師さんに「ちょっと油っぽいね」なんて言われた事があるのです。
確かに、夜になると頭が何だかべたつくなんて事あります。
また夏場なんて尚更で……今年の夏も暑い日々が続いた影響か夕方過ぎには髪がおもしろい程にぺったんこになっていました。
そこで対策方法を美容師さん及び、ネットで色々調べてみたのですがリンス絶ちをしてみたのです。
無論完全にやめるのではなく毎日リンスをするのを止めたワケです。

……その結果、たった1回で面白い程に効果が出ました。
夜までサラサラが続いたのです。これは本当に嬉しかったですね♪
本来元々髪に潤いはある方なのにそこに油分でコーティングをして……と、していたのでやはり重たいような印象が自分でも自覚出来ていたのですがたったこれだけを直したらすぐに効果を発揮をしてくれてとっても嬉しかったです。
リンスの頻度は髪の状態を見て現在は週に1度のスペシャルケアとして用いるようにしています。
コレも美容師さんから教わった一つの知識ですが、地肌にリンスは絶対につけない! 毛先のみ。だそうです。なぜかというと地肌にリンスが付着してしまうとこれが案外お湯で落としにくいそうで……フケや痒み他、肌トラブルにも成りかねないそうなのです。
だから毛先のみというワケみたいですね。
今後もこの手法で少し試してみようかと思えます!
シャンプーCMのうたい文句のようですが、出来ればもっと髪の毛に自信を持ちたいな! なんて最近はよく思ってしまいます。

 

夏場の髪の毛は元気がない?

10.08.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

私自身8月になってから気がついた事なのですが……どうも夏場って毛先がパサパサするなぁなんて思ってしまいます。

普段と変わらないケアをしているものの、枝毛が起きやすかったり何だか髪の毛がスカスカしているような気さえもしてしまいますね。

そんな中、美容師さんに相談したところ非常に興味深い答えがいくらか返ってきました。
まず考えられる事というと紫外線ダメージによるもの。
確かに紫外線と言うと「美容の大敵」「老化を促す悪害」なんて言われているものですが、当然1枚の皮膚で繋がる頭皮も同じく皮膚には違い無いもの。
ここに紫外線が入り込む事によって乾燥を引き起こしてしまう事によってフケっぽくなってしまったり等頭皮の環境が悪くなってしまい毛自体に元気を無くしてしまうのでは? なんて言われて居るそうです。
そしてもう一つ、これはまさに自分が”完全に当てはまっていた”事ですが洗髪後の乾かしが甘いのでは? という意見。
夏場というと冬場に比べてしまえば、断然に髪の毛の乾きが早いものですよね。
放置していたとしてもすぐ乾いてしまうものです。また濡れ髪のままでも放っておけば乾いてしまうのでドライヤーもめんどくさくてかけないなんて事もしばしば。
しかしそれが影響してとりあえずタオルドライを必死にする事によって摩擦が起きて毛先が傷んでしまうのではと言われました。
確かに、コレって割と誰でもやってしまっている事なのでは? と、思えますよね。
暑いからめんどくさいからとドライヤーをかけるのを怪訝してしまうかも知れませんが、一手間をかけてしっかりと髪の毛を乾かす事も髪を労る為にはとても大切な事なのではないのかと痛感してしまいました。
何に対しても言える事かも知れませんが、「めんどくさいから」この怠情によって大きな反動が帰ってきてしまうのではないのかと思えてしまいますね。
本当に気をつけなくてはいけない。そう思えてしまいました。

炭酸水で簡単ヘッドスパ

06.06.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

ここ数年で炭酸水を用いた美容ケアかなり話題になっていますね。

エステサロンなどでも炭酸水を用いたフェイシャルエステやパックなどのケアがかなり主流になってきて、どのエステサロンでも必ずとっいっていいほどに取り扱われています。
けれど、これはエステに限った事では無くてヘアケアにも良い恩恵をもたらすと言われて居るそうですね。
その効果としては血行の促進の効果と、シュワシュワとした細かい気泡が立つ事によって余計な汚れを完全にクリアにするディープクレンジングの効果が期待出来るそうです。
そんな炭酸ヘアケア、ネット上でもかなり方法も出回っていて自宅でも簡単に試せるので是非挑戦してみてはいかがでしょか? 私も実際に試した事がありますが、とても簡単で手軽に出来るのでオススメができます。
まず手法としては、乾いた頭皮を炭酸水で濡らすだけです。
用いる炭酸水はお酒などを割るようなもの。無糖のものを選んでください。
当然糖類が入ったものですと、頭がベタベタとして意味が全くありませんので気をつけてください。酒屋などで100円を切った値段で売られているというところも嬉しいですね♪ たっぷりつかって髪の毛をまんべんなく濡らしたら頭皮を揉み込むようにマッサージしていきます。そうする事によって、血行が更に促され余計な油分や汚れをオフ出来るようになります。その後は通常通りのシャンプーコンディショナーのケアをしていくだけと至って簡単なものです。是非1度お試ししてみてはいかがですか?
指通りなめらかな髪を手に入れる事が出来ますよ!

20代30代でも抜け毛?!

22.05.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

女性の抜け毛の問題も近年かなり話題になっていますね。確かにネット通販サイトなどを見えても女性モノの育毛剤やヘアケア商品が沢山あるので、なんだか納得してしまうように思えます。けれど抜け毛というと、ちょっと年をとった中年から高年齢層のお悩みだと思ってしまいますよね。老化と抜け毛確かに納得出来てしまう部分もあるものです。

けれど、20代30代とう若い女の人でも抜け毛や薄毛を起こしてしまう事があるそうです。この原因を徹底解明してみました。

まず第一の原因として考えられるものはストレスです。
ストレスというと肌トラブルや身体の不調だけではなく、ホルモンバランスなどを崩してしまうものでもありますので、ホルモンと密接な関わりを持つ髪の毛にも多大な影響を与えてしまいます。
まずストレス完全クリアとうのは難しい事かもしれませんが、溜め込まないこと回避の方法を身につける事も大事だと思えますね。
そして意外と多い原因の一つとして挙げられるものが、ヘアケアのやりすぎです。
主に20代というと人生のうちでキレイのピーク。
美容に外見に皆さん誰もが気遣って、キレイに見せようと髪の毛をこまめに染めたりパーマをあてたりする他、自分で毎日ヘアセットを行う方も多いのではと思えます。
けれど、これが裏目に出て頭皮にダメージを与えてしまい、抜け毛となってしまう事があるそうです。そう考えると『ほどほどに』というさじ加減も大事なのでは? と、思えてしまいますね。

他にも妊娠中のホルモンバランスの乱れなど考えられる要因は沢山あるものですが、基本的にこの2つが大きく影響を見せているそうです。
まずは、この2つに注意すべきだと思えますね。

下の毛の白髪

09.05.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

加齢と共にどうしても気になってしまう白髪。しかし白髪というと髪の毛だけに関わらず陰毛まで白い毛がチラホラと。これってちょっと恥ずかしいと思ってしまう人もきっと多いんじゃないかと思えます。

けれど、陰毛の白髪を通常の白髪染めで染めたらどうなるかご存知ですか?
もの凄い染みるという話を私は聞いた事があります。正直この話を聞くと、怖いなと思ってしまうものですよね。
そこで白髪の生えている部分の毛のみを毛抜きで抜くという方法を思いつく人も居るかも知れませんが、これは根本的な解消方法にもなっていない上、よく白髪は抜くと増えてしまうという話もあるので何だか微妙そうかも……と、思ってしまうのではないでしょうか。
そう考えれば抜く・染めるこの双方の選択肢を考えて行くと、どちらかというと前者の方に希望はあるように思えます。
安全にアンダーヘアの白髪を染める方法、徹底探求してみました。

各ネットページなど調べましたが、その中でも高評価を得ているのは自宅で白髪を染めるカラートリートメントの利尻シャンプーです。
シャンプーの中に白髪染めの成分が入っているので確かに薬剤! というかんじがしない上ツンっとした刺激も少ないそうなので割と安全に染める事が出来るようですね。
だいたい1週間ほどで色落ちしてしまうそうですが、経過でも異常も無いよう。
けれど、基本的にカラートリートメントの白髪染めは10日持てば持った方とも言われるくらいなので充分ではないのか? 良い結果ではないのかと思えますね。
是非参考にしてみては如何でしょうか?

グータラ女子必見 髪を早く乾かす方法

29.04.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

実はまさに私自身がそうなのですが……ちょっと髪の毛が伸びると乾かすのが面倒でいつまでたっても濡れ髪のまま放置なんてことありませんか?

この濡れ髪放置は細菌が繁殖しやすくてニオイのモトになってしまうとも言われる程。
悪い事だとは知りながらも、だけどめんどくさーい! そんな風に思ってしまう方も多く居るのでは? と思えます。

そこで出来る事なら髪の毛を早く乾かすテクニック。そんなものがあるのならばすぐに知りたいと思えるものですよね。
そこでどうすると早く髪の毛を乾かす事が出来るのか少しお調べしてみました。

まず、タオルドライは必ず行うこと。
タオルに水分を吸収させてしまい、髪の毛の湿度を落とす事がとても重要なようです。
確かに、濡れたスポンジをそのままにしておくのとちょっと絞っておくどちらが早く乾燥すると言ったら後者ですよね? このタオルドライをちゃんとする事でドライヤーを使う時間も短縮が出来るそうです。けれどゴシゴシとタオルで摩擦を起こしてしまうと毛先の傷みの要因となってしまう事があるそうなので、パンパンと叩くように毛先部分は行う方が良いそうです。
その後、キッチンペーパーorティッシュで更に水分カットを徹底的に行うと良いとのこと。けれどティッシュというとかなり脆いもので、破れて髪の毛に付着してしまうのではと怪訝してしまうものですよね……そのあたりを考えるとキッチンペーパーで押さえる方が良さそうだと思えますね。
そしてドライヤーという手段になるのですが……この手段は私自身知った時半信半疑になってしまったのですがタオルを髪の上にかぶせてドライヤーをした方が良いとのこと。
本当に乾くの?! と、思ってしまいますが、水分がタオルに吸い寄せられてちゃんと乾くそうです。確かに髪の毛に直接的に熱風を当てるワケでも無いので髪火傷の危険性をカットできますね。

是非今夜からでもすぐ実践出来そうな事なので、1度私もお試ししてみたいと思えます!

育毛剤ってどんな人に効果的?

27.04.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

最近では抜け毛や薄毛というものも男性だけの悩みではなく、女性でも30代に差し掛かった頃に髪の毛のボリュームダウンからはじまり抜け毛に至ってしまうという方が非常に多く問題視をされているようですね。

そんな抜け毛のお悩みの救世主というと育毛剤。言葉は悪いですがハゲのお悩み=育毛剤というくらいの認識を持っている方が殆どではないのかと思えます。
けれど育毛剤と聞くと誰もが毛生え薬のような認識をしている方が殆どではないのかと思えますが、実は育毛剤で髪の毛が生えますなんていうことは一言も書かれていないものだそうです。何だかとても不思議に感じてしまいますよね。
そう思うと育毛剤どんなものなのかちょっと気になってしまいます。
これは簡単に説明をしてしまうのであれば、「補佐」であったり「頭皮に直接的に栄養を与える事が出来るサプリメント」という認識をして頂いた方が正しいものだと思えます。
更に纏めてしまえば、強く良い髪を育てる為の栄養剤という認識をして頂いた方が良いです。

そんな育毛剤いったいどんな人が使うと最も効果的かと言いますと、加齢が伴うことによって引き起きてしまう抜け毛やストレスが要因で髪の毛にボリュームが無くなりやせ細ってしまった髪の方に効果的と言われているそうですよ。
この双方の要因の同一の原因としては身体の機能が低下してしまう事によって、髪を作り出す毛母細胞にまで栄養が行き届かなくなる事によって栄養失調状態へと陥り抜け毛を起こしてしまうと考えられているそうです。
そう考えると、このようなトラブルを抱えた人には打って付けの手段なのではないのかと思えますね!

フケが気になる

20.04.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

フケというと男女問わず悩みを抱えている方が意外と多いものらしいですが、肩に落ちているだけでもなんだか不潔な印象を与えてしまい早く解消をしたいな~なんて思えるものですよね。しかしフケ取りシャンプーなどを使っているのにも関わらず痒みは治まらないしフケ落ちも全く変わらないなんて方は居ませんか?

実は私自身もかなりフケが出やすく、髪の毛を掻いたら爪の隙間にびっしりフケが……(汚くてすいません)なんて程にフケが出やすい体質でしたが一つの事を心がけるようになってからだいぶ改善をされて頭が痒いという事が無くなりました。

そこで大事な改善策の一つが前洗いとすすぎをしっかりと行うことです。
前洗いとはシャンプー前にする髪を濡らす行程ですね。
この前洗い、通常ですとシャンプーを泡立てやすいように髪の毛を濡らすだけと考えている方の方が殆どだと思えますが、実は頭皮の汚れ70パーセント近くを落とす事が出来るとも言われて居るそうですよ。
更にフケになってしまう意外な原因としては、やはりシャンプーの残りカスのすすぎ残しが肌荒れを起こしてしまいフケとなって落屑を起こしてしまうとも言われて居るそうです。そう考えると髪の毛を洗う行程の大切さがよく分かるのではないでしょうか。
また髪を洗う行程だけではなく、洗髪後はいつまでも濡れ髪で居ないようにすぐにドライヤーで乾かしてあげる事も大事なようです。
やはり頭皮がしめったままですと細菌も繁殖しやすくなり、それがフケの要因に直接的いは繋がらないものの、頭皮のニオイが臭いという新たな悩みに発展してしまう可能性もあるものです。
やはりどんないいシャンプーが云々という問題よりも普段のケアの見直しがフケ改善の近道となるように思えます。是非お試ししてみてくださいね!

髪痩せと老化

07.04.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

女性いとっては老化という言葉はもう聞くだけでも嫌なものですよね。しかしそれを避けて通る事が出来ないというのは、生きている以上仕方の無い事です。

その為に日々アンチエイジング用の化粧品を用いて美容に気を遣ったり、老化の最大悪因になるといも言われる紫外線ケアを行ったりなどのケアを徹底していくものではないでしょうか。
しかし、老けて見えてしまうところというと肌だけではありません。
それが本題通り、髪の毛も多く関わってきている事を是非忘れないで頂きたいですね。

例えば白髪の多くある女性も若々しさが足りないともう目に見えて分かるものですが、それ以外でも、やはり毛量が少なくスカスカな髪ですと、+10才+20才と加齢して見えてしまうものです。
白髪といえば、まだ髪の毛を染めることでカバーは出来る問題ですが、薄毛となってしまえば対処も大変です。また、薄毛となってしまえば元の健康毛に戻すまでにはかなりの時間を有してしまうものですね。
そこでやはり大事だと思えるケアというと育毛です。
基準としては、やはり髪の毛のトップス部分にボリューム不足を自覚出来るようでしたら使用をスタートする方が好ましいようですね。
また最近ではネットショップをはじめドラッグストアでも男性用のみならず女性の抜け毛用毛剤選びが出来る環境が整っています。
正直どの育毛剤が最も効果的かは正直、個人の差もあってわかりにくいものですが、継続してケアを行っていかなくてはいけないものなので、継続して使用できるようなものを選んでいった方が好ましいとは言えるのではないでしょうか。