椿油の効果

10.02.14 / ヘアケア / Author:

髪の毛のぱさつきやゴアつき、なんだかもの凄い気になるものですよね。

髪の毛を染めている人ですとこういったトラブルは1度や2度か必ずといって良いほどに経験しているのではないのかと思えます。
しかしこういった傾向、やはり髪の毛の長い方に多いのでは? と思えます。
思いきって切ってしまう事も良いかも知れませんが、ロングの方が良い! とこだわりのある方にとっては切る決断にはなかなか至らないのでは無いでしょうか。

そんな髪のトラブルから関連して……昔から髪の毛のダメージに良いといわれているものといえば椿油ですね。
最近では薬局のヘアケア用品によく陳列されています。しかしこの椿油潜在的に髪の毛に良いとう意識しかなくてどう髪に良いのか? こて点が疑問に思えてしまうものですよね。その理由について簡潔に説明していきましょう。
まず髪がぱさついてしまう理由その1として挙げられるものは、髪の水分が蒸発してそれが原因となってパサパサとしてしまうと考えられているそうです。
即ちトリートメントで潤いを与えても逃げてしまうのはやはり摩擦や乾燥が要因しているのでは? と、考えられるそうです。そこで椿油を使用する事によって髪に1枚コーティングを施してもらえることになります。すると水分の蒸発を防ぎ潤いが保たれると憶測が出来るそうです。
使用方法としては洗面器にお湯を張って椿油を溶かして髪の毛にかけるといったトリートメント方法が一般的だそうですが、やはりこの手法だと髪の毛がベタつくという意見も多くあるそうで、応用として洗髪前に頭皮マッサージで使用し、そこからシャンプーケアを行ってという方法がかなりさっぱりとした使用感で良いと言われているそうです。
「良い」と言われると実践したくなるものですよね。
現在立春は過ぎても真冬の真っ盛り。乾燥は髪の毛にも大きな影響を与えているように思えますので、是非椿油のケア行っていきたいと思えます。

Comments: 0

« | »