頭皮のべたつきや臭いの原因

08.03.14 / ヘアケア / Author:

まだ寒い季節が続いてますが、日が長くなったことや日中の小春日和に桜が咲くまでもうすぐ! と春の足音が聞こえ嬉しく感じる時がありますね。

しかし、温かくなると薄着になる故に体臭なども気になるものですが、臭いの問題でも髪の毛の臭いのことや汗のせいか頭が臭い! と悩む人が多いそうです。
実は私も秋冬よりも春夏の方が髪の臭いが気になったり頭皮はしっとりして不快を感じる事が多いのでなんだかこの悩みは分かってしまう気がします。

しかしこのべたつきや臭いどうして起こってしまうのでしょうか?
やはりそれには皮脂分泌なども大きな要因として考えられているそうです。

まず要因として考えられる最大の悪因は毛穴の汚れ・皮脂の影響・皮脂の酸化が考えられるそうです。
皮脂の分泌の盛んな季節というとやはり空気が乾燥している冬よりも春夏の方が多いのでこの点を考えると確かに納得出来てしまうものですね。
また、皮脂をシャンプーの時に落としきれずに頭皮に残存してしまう事によって、ほこりなどがまざり雑菌が繁殖をして、これが頭皮に嫌な臭いへと繋がるとも言われているそうです。また頭皮とは身体のどの部位よりも毛穴が大きい上に数が多いので、毛穴の中にこういった汚れが溜まりやすいそうです、そうなると本当にしっかりとしたシャンプーケアが大事なのでは? と思えますね。

また意外なところでは髪の毛をしっかり乾かないことによって起こる雑菌トラブルかもしれないと考えられているそうです。
中にはドライヤーの熱で髪の毛が痛むからとしっかり乾かさない人も居るそうですがこれがNGというケースも……。実はこの湿気に雑菌が絡み結果カビが発生し頭皮は雑菌の温床となってしまう事があるそうです。簡単に例えるのであれば梅雨時の部屋干しを想像すると分かりやすいのではないでしょうか。
そう思うとちょっと寒気がする問題ですよね。

やはりここで大事だと思える要点は、シャンプーケアとドライヤーでのケアこの2点がとても大切だと思えます。これは日々出来るケアなので徹底して臭わない香る髪を作っていきたいなと思えますね。

Comments: 0

« | »