頭皮の臭いによくない生活習慣

25.10.12 / 頭皮の臭い / Author: / Comments: (0)

頭皮の臭いが気になっているかたが送っていがちな生活習慣があります。

大きく分けて食生活とその他に分類できます。

まず食生活ですが、和食よりは洋食中心のかたが多い傾向があります。

もっと言ってしまえば魚より肉食を好むということです。

欧米のかたがたは体臭がきついといいますが、それは食生活が原因であるといわれています。

こういった悩みのあるかたはお肉好きで摂取量も多い傾向にありますから、頭皮からどうしても皮脂の分泌が過剰になります。

頭皮の臭いがあぶらっぽい感じがするというかたは、日ごろの食生活を振り返ってみてください。

肉食中心の食事をあらため、和食中心、野菜と魚中心の食生活に変えていきましょう。

加齢臭対策と食事について のページを参考にしてみてください。

生活習慣は頭皮の臭いに影響を与えます

また、普段の生活の中にも頭皮の臭いによくないことがあります。

毎日の食事時間や就寝時間がまちまちであったり、遊び優先で好きな時間に好きなことをするなどの生活の乱れは健康に悪いばかりか臭いを増長させてしまいます。こういった生活をしていると入浴時間などもバラバラになり、時間がない場合などはしっかりとケアできないこともあります。

頭皮の臭いが気になっているかたは、シャンプーもきちんと正しく行う必要があります。入浴時間も余裕をもって確保しておきたいものです。

 

また、喫煙もよくありません。

ニコチンが血流を悪くしてしまうので、健康的な頭皮を保つにはマイナスです。

また一酸化炭素を血液中に増やしてしまい、体が酸欠状態になります。日常的に喫煙しているかたは慢性的な酸欠となり、健康に悪影響を与えています。

タバコの煙そのものも、頭皮に触れると毛穴を縮ませてしまうといわれています。

喫煙は頭皮の臭いを気にされるかたには大敵なのです。

 

頭皮の臭いを気にされているかたは、こういった生活習慣を改めていくことが必要なのです。

シャンプーだけを工夫してみてもあまり効果は出ません。生活を見直し、それらの相乗効果で頭皮の臭いを軽減させていきましょう。

 

 

女性の頭皮の臭いの悩み

17.10.12 / 頭皮の臭い / Author: / Comments: (0)

男性と女性では頭皮の臭いに差があるのでしょうか?

同じ年代で比べると差があるといえます。

頭皮の臭いに限らず体臭は男性ホルモンが関係しています。女性は閉経までは女性ホルモンの分泌が盛んに行われ、男性ホルモンの分泌が抑えられています。ですからある年代までは男性のほうがより臭いを発しているといえるのです。

ですが閉経が近付くと女性ホルモンの分泌が低下しはじめ、だんだんと男性ホルモンの分泌のほうが増加してきます。こうなってくると女性も臭いを発するようになるのです。

この臭いが気になり始める年齢が、男性と比べて女性は10年ほど遅いといわれています。

 

女性は臭わないという思い込みはNG

身近な男性に対して臭いを指摘していたら、気が付いたら40代にさしかかった自分も臭っていたということも起こりはじめます。

女性は臭わないという思い込みがあるとかなりのショックですが、しっかりと現実を見つめ、女性でも年齢を重ねると臭うようになるのだということをまず心に留めておきましょう。

頭皮の臭いのほかに、毛髪の悩みなどもあるようでしたら、女性用育毛シャンプーなどのヘアケア用品を使うとよいですね。

毛髪に悩みがなく、頭皮の臭いの悩みだけでしたら、男女の別なく対策方法は同じです。

その対策とは、頭皮の皮脂の過剰な分泌を抑え、毛穴の汚れを取り除き、頭皮の血行をよくし、臭いを発生しにくい食生活に変えることです。

臭いを気にしすぎて、朝晩2回シャンプーをしたりということは逆効果になりますから、しないようにしましょう。頭皮が皮脂が足りないと錯覚し、余計に皮脂を分泌してしまうからです。

頭皮が、もし発酵したような臭いになっていたら、カビ菌が発生しているという理由かもしれません。シャンプーの後によく乾かしていなかったりするとこういうことが起こることがあります。しっかりと温風で完全に乾かしましょう。

女性は男性よりも髪の量が多いので、こういった悩みも多いものです。

原因が何なのかをまずはっきりさせることが臭いケアの第一歩なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

この臭いのもとは男女同じく過剰に分泌された皮脂や、毛穴に繁殖した雑菌、そして加齢臭のもととなるノネナールなどです。

頭皮や耳の後ろなど

頭皮の臭いを軽減させる食品は

10.10.12 / 頭皮の臭い / Author: / Comments: (0)

頭皮の臭いの悩みも、食生活の改善で軽減することが期待できます。

頭皮によい食事とは、頭皮の血行をよくし、栄養をいきわたらせる食事ということになります。

そのためにはドロドロ血液ではいけません。サラサラの健康的な血液が弾力のある血管を通ってじゅうぶんにすみずみまで行きわたるような状態でなければなりませんから、頭皮ケアをすることはひいては体全体の健康を取り戻すことだということができるのです。

 

健康によく頭皮にもよい食品とは

 

ビタミンの中でも、A、B群、Eが新陳代謝を促し血流を促進することに効果的です。

ビタミンAを多く含む食品は緑黄色野菜が筆頭にあげられます。1日の必要摂取量は350グラムといわれていますが、なかなか全量は摂れないかたが多いものです。意識して緑黄色野菜を摂るようにしていきましょう。

 

ビタミンB群は、豚肉、うなぎ、レバー、玄米などに多く含まれています。

ビタミンEはナッツ類、ゴマ、玄米、ベニバナ油、ヒマワリ油などに多く含まれています。

これらの油類を摂取する時は、新しいものを使用するようにこころがけましょう。何度も使った疲れた油、古い油は酸化しているので厳禁です。そういう意味では大量に何度も揚げてつくるスナック菓子や量販されている揚げ物などは注意が必要ですね。

 

それから抗酸化作用のある食品も積極的に取り入れたいものです。

ポリフェノール、ビタミンCを多く含むフルーツ類、キャベツ類も日々の食事できちんと摂りましょう。

コーヒー、アルコール、刺激物、動物性脂肪の摂りすぎは頭皮の健康によくありません。これらは控えましょう。

ですが適量でストレスの解消になる程度ならさしつかえないことも覚えておいて下さい。ストレスは臭いを発生させる原因のひとつといわれているからです。

みずみずしい旬の作物を食べ、体にいい油脂をとり、ストレスを上手に発散することが全身の健康状態を向上させ、それが頭皮の健康につながってくるということなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

頭皮の臭い

03.10.12 / 頭皮の臭い / Author: / Comments: (0)

頭皮の臭いが気になっているというかたが多いといいます。

なかなか言いにくい悩みですので、表立っては出てきませんが、

仕事をしていて立ち上がった時に自分の頭皮が臭っていることに気付いたり、親しい友人や家族から頭がクサイよと指摘されたり、ということがあります。

頭皮が臭くなってしまうのはなぜなのでしょうか。

頭皮の臭いの原因は

臭いの原因は、雑菌の繁殖です。

何らかの理由で頭皮で雑菌が繁殖し、臭いを発していると考えられます。

雑菌はエサとなるものがないと繁殖できません。

人間の頭皮には毛穴があり、そこから皮脂が絶えず分泌されています。またアカや汗などの汚れもどうしてもついてしまいます。

毎日の洗髪によりこの皮脂やアカなどの汚れがきれいに取り除かれていると問題ないのですが、シャンプー剤の洗い流しが不十分であったり、ゴシゴシこすりすぎて炎症を起こしていたり、偏った食事によって皮脂の分泌が多くなってしまったりすると、毛穴がつまってしまい、雑菌が繁殖してしまいます。

まず、シャンプーの仕方を改善してみることをおすすめします。

シャンプーの前に髪の毛をじゅうぶんに濡らすということをしっかりとしていないかたも多いものです。

シャンプー剤をつけたら、ゴシゴシこするのではなく、地肌を優しくていねいに指の腹で洗います。

すすぎをていねいに、じゅうぶんに行ってください。

シャンプー剤の種類も、量販しているものを適当に使うというかたが多いと思われますが、成分などをしっかりと確認し、地肌にいいもの、臭い対策のできるものに変えてみるのもよいですね。

そして、シャンプーの後はそのまま放置しておくのではなく、ドライヤーでしっかりと根元から乾かしましょう。

生乾きでいると、水分がいつまでも残り、それを栄養源にして雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮の皮脂汚れがきちんと落ちていないことが、頭皮の臭いの最大の原因といわれます。普段の生活や洗髪方法をもう一度見直して、改善できる所があれば今日から行ってみてくださいね。