やりすぎヘアケアで髪を傷めた経験談

21.01.14 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

ヘアケアもキレイに魅せる為にやるものですが、実はかなり頭皮に悪影響を与えてる可能性もありうるというハナシはきっと誰もがご存知の事でしょう。

中でも過度なヘアケア。これが女性でも薄毛を起こす要因ワースト1とさえ言われているそうです。そんなやりすぎヘアケアで私自身が髪に困った経験談を少し話をしていきましょう。

もう10年ほど前になりますが、その当時私は現在のきゃりぱみゅぱみゅさんのような個性派青文字を貫くファッションをしていました。相当オシャレには気を遣っていたと思います。やはりそういう格好をすると、どうしても気になるものが髪の毛の色や髪型ですね。
その当時は月1で美容室に行き髪の毛を染める事をしていましたが白くなる程のホワイトブロンドにしたり、メッシュで髪の毛を赤や青に染めたりといった事をする上、トップ部分を盛り上げる為に毎日のように逆毛を入れていました。
その結果、今となっては当然の事だと思えるのですが酷い抜け毛に悩まされたのです。
基本的に人は秋口になると夏場に受けた紫外線ダメージによって抜け毛を起こしやすくなるものですが、それ以上の抜け毛が1カ月以上継続して10代後半にして髪の毛がスカスカになってしまった事があります。
流石にやはりやりすぎは良くないとその時学習しました。
今ではこういったファッションを楽しむ方の殆どが地毛をあまり傷めないようにしてウィッグを使っているそうですが、確かに当時はウィッグというと高くてとても手が出せるものでは無かったです。
けれど現在は違いますよね。もしも派手目な髪色にしたいそう思うようでしたら、ウィッグで挑戦する方が賢明に思えます。
また、整髪料を頻繁につかうようでしたら休止する期間をおいたり、とにかく毎日ヘアセットを行わない事を心がけるだけでも負荷は減らせると思います。
まずは、自分の髪の毛は長く付き合うものなので大事に扱っていく事を忘れないようにしたいですね。

本当はハゲてる芸能人?

27.12.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

芸能人というと、やはり”苦労が多い職業”だと思えますね。全国区のテレビで自分の姿を放映されるものです。また長年芸能界に居れば劣化は視聴者に目に見えて分かってしまいます。それ故に皆さん美容に気を遣ったり自分にかなり投資をしている方がとても多いと見受けられます。

中でも男性の劣化というと、「薄毛」や「ハゲ」
もはや中年男性となってくれば老化の関係上仕方ない部分もあるものですが、やはりそれを食い止めよう隠そうとしている方も多く居るそうです。
カツラを暴露している芸能人の方も沢山居るようですが、カツラ疑惑の芸能人がランキング形式で上がってる少し興味深いサイトを発見しましたので、そちらをご紹介していきましょう。
まずは、東山紀之さん。東山さんといえば、ジャニーズ出身。後輩に当たるTOKIOのリーダー城島さんたちももうだんだんとおでこが広くなって来ているのにも関わらずに、東山さん全く老化を見せずサイボーグか?! と、思ってしまうほどですね。
髪の毛もフサフサです。今年で47歳という年齢になりますが、とても50代を目前とした髪の毛の量でもなく不自然だと言われているそうです。
以前週刊誌に組まれた特集カツラ疑惑芸能人でもNHさんと書かれ東山さんを思わせる表記も記載されているほど。かなり怪しく考えられますね。
また、他にもこのサイトでは『将来ハゲるだろう』と予想する若手芸能人のランキングまでも記載されています。とても興味深いものですが、中でも個人的に衝撃を感じたものは嵐の松本潤さん。松本さんは二枚目イケメンですが、確かに今は毛量が多いふうにも見えますよね。けれど男性で抜け毛を起こしやすい人というと、やはり若いとき太く黒々とした髪の毛を生やしている人を連想してしまうところもあるので松本さんがもしハゲげたとしても、別におかしな話でも無いのかも知れません。

 

 

頭皮をキレイに保つ事が育毛に効果的

29.11.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

髪の毛をキレイにするというとシャンプーでのケアを真っ先に頭に思い浮かべるものです。しかしカラーケア用のシャンプーや潤い重視のシャンプーではなかなか頭皮まではキレイに洗浄が出来ないという意外な落とし穴をご存知しょうか?

けれど、髪の毛を染めていたりパーマケアなどを行っていればそれ相応なシャンプーケアを行うかと思いますが、実はそういったシャンプーは毛穴に詰まりやすく、かえって髪の毛に栄養を与えにくく髪をやせ細らせる一つの要因になると、女性の育毛講座ページにも記されていました。

また頭皮は脇の下と同じくらいに1日に汗をかく事が多い場所のようです。
この事実、正直驚いてしまいますよね。
となると、かなりの雑菌の温床ともなり、皮脂汚れを起こしやすい場所だと簡単に想起する事が出来ます。

しかも、こういったカラーケア用などのシャンプーを用いた上で、育毛剤でのケアをいくら行ったとしても毛穴詰まりが全ての要因となってしまい、全く育毛の効果が見られないという事もありうるそうです。
そう考えるとそのケア特化のシャンプーだけではダメだという事がお分かり頂けるのではないかと思えます。
確かに、へスタイリング剤などが要因して毛穴詰まりを起こして抜け毛に至ってしまうという事はあるものですが、まさかシャンプーまでとは誰もが思って居ない事なのではないでしょうか。

そうなると、どのようなシャンプーを用いたケアをしていくことが好ましいかというと頭皮の洗浄がしっかりと出来るスカルプケア用のシャンプーなどを用いた方が好ましいそうです。まずはカラーケアなどより健康的な髪の毛を維持させる事を先決に考えるべきにも思えますね。
また頭皮をキレイに保つ方法としては、髪を濡らす段階の前洗いで熱めのお湯を使って頭皮の皮脂汚れを浮かせて落としてあげる事も大事なようです。
髪の為にもまずは頭皮に目を向けたケアを行って行く事が大事に思えます。

 

ヘッドスパ実際どんなところ?

06.11.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

ここ数年頻繁にヘッドスパという言葉を聞くようになりましたが、ヘッドスパ実際に行ったことのある人というも居るかもしれませんが、行った事の無い人からしてれば「頭のマッサージ」や「髪の毛をキレイにしてくれる所」という程度の認識でしょう。

確かにこれは間違いではありません。
正確に言うとすれば、プロの手によって頭皮の毛穴に入り込んだ皮脂や整髪料の汚れを落とし頭皮をキレイにし血行を促してもらうことによって、より健康的な髪の毛を生やす為の施術と言えるでしょう。
そう考えると育毛をしようと考えている人、髪の毛が最近痩せてきてしまってボリュームが無いと自覚ある人にはとてもぴったりな施術なのではないのかと思えます。

けれどこのような施術はどこで受けられるのでしょうか。
確かにこのようにヘッドスパ専門のサロンなども沢山ありますが、美容院などでも受ける事が出来る施術です。
やはりお店によって炭酸水を用いる場所、使用するシャンプーなど特色なども変わるそうですが、基本的に値段もそこまで大差も無いので自分の通い易いサロンを選んだ方が良いと思えます。

私自身もヘッドスパに通ってしますが、およそ頻度は1カ月に1度ほど。
エステのようにコース料金でも無いので1回1回施術の都度に払うのですが、何度か継続をして行く事によって割引をしてくれる事もあります。
とてもリラックスをする事が出来てとても気持ちが良いものです。
また1週間はサラサラとした髪の毛が続くのでとても気分もいいですよ!
個人的にはとてもオススメが出来ます。確かに、最近はドラッグストアではヘッドスパ用シャンプーなども売られていますが、自分の手で行うよりもプロの手で。
やはり全く違うものです。是非未体験の方は1度行って見ることも良いと思えます。

かゆみを起こさない為に大事な事

15.09.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

フケが出やすい、頭がなんかかゆい……季節柄などもあるかもしれませんが、かなり多くの方が1度は悩んだ事がある問題ではないでしょうか。

希に私自身もこのような事を感じる事がありますが、かゆいと感じて引っ掻くと爪の隙間にフケが詰まり少しうんざりしてしまいます。
確かに明かに『不潔』といったかんじがして嫌な気分にもなりますよね。

けれど、やはり原因となってくるものは洗い流しが足りないという点が一番大きくなるようです。フケのトラブル専門のシャンプーというものも販売されていますが、それに頼る前に1度必ず洗い流しが充分であるか? その点をしっかりと考え直す必要性もあります。

かなり意外な事なのですが、頭皮をキレイにする70%がシャンプー前の髪を濡らす工程でしっかり落とせる事をご存知ですか?
けれどこの工程もしっかり行わなくては全く意味がないようです。
まず洗髪前の乾いた髪をしっつかりとブラッシングをしてとじかかりのないようにしておきます。また、ブラッシングを行うことによって頭皮の血行も少し良くなるようです。
ブラシの形状は、コームや全プラスチックのものではなく大きめのブラシ(底がゴムなどになってる柔らかいもの)を使用する事がベストなようです。
それから、髪を濡らす工程へとなりますが、この時重要な事は普段シャンプーのケアを行う時より熱めのお湯で行うこと。この時2分ほど時間をかけて充分に頭皮の汚れを浮かして落とす事を心がけることが良いそうです。何故かというと皮脂は水では落ちにくいものの熱めのお湯だと取れやすいからだそうです。
その後にシャンプーでのケアになります。勿論のこのシャンプー後もすすぎは充分に行うようにする事が大事なようです。
これをする・しないでは髪のかゆみは全く変わってきます。
確かに思えば、美容院に行くとシャンプー前の髪を濡らす工程が長い・水温が熱すぎないか? と聞くのに納得出来てしまいますね。
見たいテレビがあるから、早く寝たいからといって鳥の行水のごとく洗髪と身体を洗うという工程を済ましてしまう人もいるようですが、洗髪はゆっくり行うこと、濡らす工程はしっかり行う事が大事です。

 

冷房が頭皮を冷やす悪要因

07.09.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

これは、私自身が最近発見した事です。

私自身は元々インドアで外に必要以上に出る事はありません。
そのせいか、今年の夏は家庭でも用事が多くあり外に出て紫外線を浴びるといった事は無かったにも関わらずもう8月中には”抜け毛”を実感し始めました。
シーツに尋常ではないほどに毛がついて、たしかに触ってみると以前よりふんわりとしたボリュームが出せなくなってしまったと分かります。

通常9月・10月頃に紫外線が主な原因として、夏のダメージはやって来るというのに、どうして紫外線に対して当たっていないのにもかかわらず8月に出始めてしまったのだろうか? と美容師の方に相談した所、冷房に毎日当たっていなかったかと問われました。
確かに毎日のように当たってしました。そうでもしないと部屋が35度以上を上回り熱中症を起こす危険性があったからです。
そこから考えられる説としては、部屋を冷やしすぎる事によって、頭皮の毛細血管が収縮してしまい、栄養が運ばれなくなってしまう事が挙げられるようです。
その所為で髪の毛が元気を無くして、抜け毛を引き起こしてしまうということになるようです。

そう考えると冷房をかけても定期的に切ったり、換気をしたりと少し工夫が必要かもしれません。
また、血行促進というと頭皮のマッサージなどがあります。それを積極的に行う方が予防や改善へと繋がるそうです。
人より一足先に夏ダメージの抜け毛に悩む事になってしまいましたが、秋冬は徹底的なケアを行ってボリュームを蘇らせようと思えます。
私と似たような生活をしていて今現在、同じ悩みを持ってる方もいるかもしれませんが、来年は注意していきたいと思えますね。

夏ダメージ髪のケア

22.08.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

以前、夏の方が頭皮は汚れやすい・乾燥する、ダメージを受けやすいといった話しをしましたが、もう夏も後半。秋へ着々と進み始めている季節です。

そろそろ、全面的に夏のダメージが出始める頃合いかと思えます。
主に紫外線をよく浴びることがあった方はそろそろ抜け毛には要注意です。
また紫外線を浴びた方は頭皮が乾燥しがちになって硬く突っ張ってしまうという傾向もあるようです。
この頭皮の突っ張った状態、放置してしまえば抜け毛や薄毛に繋がってしまう可能性も高いです。ですので、この時期から頭皮を柔らかくする為にマッサージを行ったりする方が良いと言えますね。
マッサージを行うのはやはり入浴中が一番効率が良いと言えます。その理由としては、やはり血行の良くなったところを行うという事が一番効果的で効率的だからです。
また、未だ暑いからと怪訝しがちですが湯船にゆったりとつかり頭皮の毛穴を開かせることによってマッサージを行うと汚れも浮かしやすくなるので育毛剤をもしも用いている場合はとても浸透が良くなります。
また夏期中は皮脂除去の為にトニックシャンプーをよく持ちていた方も多くいるかと思いますがそろそろ切り替えの時期です。
確かに使用感も爽快感があって気持ちよく汚れがよく落ちる印象が高いです。確かに汚れをきちんと落とすことは大事ですが、痛んだ分補うことも必要になってきますので育毛シャンプーなどに切り替えて頭皮のコンディションを高めていく必要があります。

 

育毛剤の比較

10.08.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

安い育毛剤は効果が無い高い育毛剤を使った方が効果覿面という考え方の人も中にはいるようですが、育毛剤というものは毎日頭皮に塗布し割と長く使用するものですよね。

肌質にあう・あわないなどもあったり使用感を重視する人も多くいるのではないかと思えます。

新髪24と柑気楼

上記サイトは低コスパ育毛剤新髪24と柑気楼(共にはぴねすクラブ)のものを使用比較をしていたのですがとても結果が興味深いと思えました。
価格的に新髪24は1カ月半で1980円。柑気楼の方は2カ月使用で5880円。
どちらかというと新髪24の方が低コスパでふんだんに使えそうだけど効果は?? ……というイメージを持ってしまいますね。
確かに高い方が効果がありそうと誰でも思ってしまうかもしれませんが、実際のところ髪の毛周期の影響で毛が生えるのには時間がある程度かかるのですぐには分かりませんね。
またこの2つを使って「どちらの恩恵で健康毛が生えたか」なんか分からないかと思えます。

けれどこの比較実証をした方は使い心地は柑気楼の方が良かったとの事ですが結論的には新髪24の方の使用感の方が好ましいと思ったとのこと。
容器の問題もありますがスプレータイプとボトルタイプ。意外とスプレータイプの育毛剤は簡単だと思いきや、扱いが結構難しいとのことです。
普通「ボトルとスプレーじゃ断然スプレーの方が使いやすそう」とは思うのですが、意外とコントロールが難しいようです。ちょっとこの意見には少し意外だなぁと感じてしまいました。

けれど、やはり最終的に継続使用を考えてしまうと金銭的な部分が最も大きくなるので、継続するのであれば新髪24の方が経済的だという意見を述べていました。
確かにどちらが優れているなどそういった感覚は無く、本当に使用感の好き好きに育毛剤は分かれてくるようでうす。
そうなると値段や匂い、ボトルかスプレーかの容器の扱い易さなどが重要視されてくるようにも思えてきますね。

夏こそヘアダメージにご注意

20.07.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

乾燥というと、夏よりも冬に目立つ問題。しかし髪の毛に関しては意外とケアを怠りがちになってしまう季節が夏。
しかも若年齢の方ですと明るく染めたがる風習というものもあるようですね。
しかし、ヘアカラー・冷房の風の乾燥・紫外線・プールのカルキに海の塩……夏は髪のダメージを大きくしてしまうきっかけを作りやすくなります。
そのことから秋口になると毛が大量に抜ける……なんていう経験を誰でも1度はしたことがあるのではないでしょうか。

しかしこの中で最も危険視されているものは、「紫外線」です。
肌に悪い! シミ・しわ老化の原因ということは誰でもご存知な事実かとは思いますが、髪や頭皮に関しても多大なダメージを与えてしまうことは事実。
そのことから秋口の抜け毛=それだけ紫外線ダメージを受けたとも言われている程だそうです。
そこで重要なケアは、なるべく日中の外出時には日傘をさす事や、帽子をかぶるなどしてしっかりと紫外線から頭皮を守るなどのケアが必要になるでしょう。

また、夏は頭皮の皮脂分泌が激しくなる時期。皮脂が毛穴をふさいでしまい髪を洗っても簡単に落としきれるものでもなくなってしまうようです。
そこで、やはり大事いなりそうなケアというとスカルプケアですね。
スカルプケアとしてはスカルプケア専門のシャンプーなどを用いる事も良いでしょう。また暑いから冷水で髪を洗う事もあるかもしれませんが、頭皮の為には体温と同じくらいのぬるま湯程度がちょうどいいとのことです。
最後のすすぎに冷水を使うことはかまわないようですが、髪を濡らす際やリンス前に冷水を使用してしまうと皮脂が落としきれず、汚れを落とす前に毛穴を締めてしまうので良くないそうです。洗髪の際注意が必要になりそうです。

そう思うと夏こそスカルプケアやトリートメントなども大活躍しそうですね。冬だけではありません。髪のケアは夏も重点的に行っていきましょう。

炭酸+シャンプーの洗髪で髪の毛が元気に

06.07.13 / ヘアケア / Author: / Comments: (0)

炭酸というと、ここ数年ほど炭酸浴や炭酸パックが爆発的ヒットをしていましたよね。

確かに炭酸血液に浸透して血行促進の効果を高く期待でき、肌のターンオーバーの活性に役立つ他疲労回復にも役立つとも言われているようです。
一方最近少し注目を集め出したのが、炭酸洗髪。
これは髪を洗う前のプレケアとして用いることが多いようですが、夏場になるこの時期冷やしシャンプー並のスッキリ地肌を実感出来るという声もあるようです。

まず炭酸の効果とは……
先程挙げたように血行を促進する効果がとても高いです。
また、毛穴に付着した皮脂を分解・除去され普段シャンプーだけでは落としきれないような細かい汚れまでキレイする高い洗浄効果があるようです。
また、シリコンやワックスの洗い残しまでキレイにおとしてくれるので、嫌なニオイのモトも完全に除去をしてくれるとのこと。

まず用意すべき炭酸は無糖のもの。
よくお酒を割るような純粋な炭酸水で可能です。メーカーは100円均一のものでも、ウィルキンソンでも無糖であれば何でも構わないようです。
私もこの炭酸洗髪をよく行いますが、100円均一や酒店で100円以下の特売の際によく纏めてかってきます。
セミロングヘアの自分自身は500mlのペットボトル1本1回でちょうどか少し余るくらいの用量です。恐らく男性の方はこの半量くらいで大丈夫かもしれません。
少量ずつ頭皮を濡らしていきます。髪全体が濡れたらマッサージを行い指の腹全体を使って揉み込むようにしていきます。
その後普段通りのシャンプーケアをして終了ですが、ドライヤーで髪を乾かす際にはもう既に指通りが変わっている事が実感できます。
また、血行をよくし汚れを落とすという特徴が強いので、育毛剤を用いてる方が使用すると浸透が良くなるという話も聞きます。是非スペシャルケアに用いてみてはいかがでしょうか。